NAGAOKA COME 100PPYOU FES 2021

花火

花火HANABI

長岡花火ウインターファンタジーコラボ!

◎延期公演では会場(アオーレ長岡)での花火の打ち上げはございませんが、生中継で花火をご覧頂くことができます。
※12/17(金)宵祭(前夜祭)は花火の打ち上げ・生中継はございません。

◎「長岡花火ウインターファンタジー」とのコラボレーションでの花火打ち上げとなります。
〈コラボチケットのお知らせ:https://comefes.net/tickets/


※以下を除く花火プログラムは「長岡花火ウインターファンタジー」に準じた形になります。

NPO 法人 YELL FOR CHILDREN JAPAN presents
東日本大震災10年「慰霊・復興・希望の花火」

被災された全ての方のこの 10 年間の思い、亡くなった方達への慰霊、そして、復興、希望の想い込めた花火を打ち上げます。

※非営利活動法人 YELL FOR CHILDREN JAPAN は、2011 年に起こった東日本大震災をきっかけに、子供達にエンターテイメントの力で笑顔になってもらいたいという思いで株式会社キューブ、株式会社ジー・アイ・ピー、株式会社ディスク ガレージにより立ち上げられた団体です。

米百俵フェスオリジナル
超大型スターマイン「輝き」

「長岡の輝く未来を米百俵フェスから」をテーマに打ち上げます。
新潟大学附属長岡小学校の子どもたちが歌う公式テーマソング「輝き」に合わせて、次世代を担う子どもたちの笑顔や気持ちを表した花火を織り交ぜて構成する、ワイド感あふれるミュージックスターマインです。

“長岡花火”とは?

毎年100万人以上の人々が集まる、日本三大花火大会の一つに数えられる長岡まつり大花火大会。

直径650mの大輪が華開く「正三尺玉」や打ち上げ幅約2kmに及ぶ「復興祈願花火フェニックス」など、視界に収まりきらない大型花火の連続が魅力です。

一見華やかに見える長岡まつり大花火大会ですが、その起源は昭和20年8月1日の長岡空襲で亡くなられた方々の慰霊と長岡の復興を願って打ち上げられた花火です。

そのため、大花火大会の開催日は毎年8月2・3日に固定されています。

このように、長岡まつり大花火大会で打ち上げられる花火は、慰霊と復興、平和への祈りを込めて打ち上げている特別な花火で、長岡市民にとって大きな宝であり誇りです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今年も中止を余儀なくされた8月の長岡花火を米百俵フェス2021で実現いたします。

長岡花火に込められた想いは、時を重ねてもなお変わることなく、今を生きる長岡の人々の中にしっかりと受け継がれています。